BPM -Blog Post Man-

自由気ままに、好きな事を書くBlog

転職活動記:もしかして見張られている?

かなり本気で狙っていた企業から、お見送りの連絡ががが……

 

f:id:Key-Bass:20190218125359j:plain

 

役員との二次面接まで進んで、お見送りとなった今となっては手応えがなかったという話ではあるが、二次面接終了後は手応えバッチリだと思い込んでいた企業から、お見送りの通知が届いて、結構メンタル壊れるかも……なんて感じている今日この頃。

 

そんな折、以前手助け頂いていた転職エージェントの方からいきなりの電話連絡をもらいました。

しかも、お見送りメールをもらった直後(本当にメールもらって10分後ぐらいに……)

今まで経験していたゲーム業界以外(アウトドアの企業)への転職活動に関しては、お見送りをもらっても音沙汰なしだったのですが、今回は心機一転? またゲーム関連の企業に転職エージェントを使わずに自分で応募していたのですが、そちらがお見送りになった直後に狙ったように連絡が来たのです。

これは、転職エージェントってどの企業でだれが落ちているとかの情報などを密かに収集していて実は裏で繋がっているのでは? と、個人情報もれてんじゃね? 的な昨今のFacebookのような不安にちょっと苛まれましたw

実際は求人が増え始めるこの二月あたりからという点で、連絡してくれたんだろうと思います。

それに、以前勤めていた会社を辞める際に転職エージェントの方には連絡をしていたので、いま無職のクソニートであることは把握されていたはず。

 

ちなみに辞めた会社の社風だったり、担当していたプロジェクトが破滅していて自分一人あがいてもどうにもならない事(当然、自分の所属している部署の上司や、プロジェクト側のマネージャーなどにも相談していたけど、「いまは気合で乗り切ろう」的な精神論しか言われなかったので、どう頑張っても無理だよーというような事を、相談という名の愚痴を言わせてもらっていました)だったりの相談に乗ってくれている方でした(仮にAさんとして、以降Aさんで記載します)

 

もちろん、相談といってもAさんは転職エージェントなので業務内容についてのアドバイスではなく、転職した先の企業で社風が教えられていたものと違っているのですが? とかちょっとクレームを入れたりもしていたのですが、正直どうにもならないのでまた転職したい等の相談から、いわゆる転職してから半年はなんとか頑張ってからのほうが良いとか、要は転職時におけるセオリーのような暗黙の了解のような点で、アドバイスを貰っていました。

 

Aさんとしては、ある意味では自身のエージェントとしての営業の一環として、また連絡をくれたのだとわかっているのですが、人というか自分は単純な人間。

わざわざ連絡してくれたのだから、どんな理由があるにせよ気にかけてくれているという事にしておき、そしてやはり自分一人での転職活動というのに不慣れである事に痛感している部分もあったので、もう一度転職活動の支援をAさんから頂こうと、求人の紹介をもらいました。

 

エージェントを活用する上で、とても助かるのはやはり応募した企業との調整をエージェントが行ってくれる点。

特に、面接の日取り調整はエージェントに丸投げできるのがとても助かります。

自分で調整するのって、面接の日取りを企業から提示されて自分で別日にしてほしいとか連絡するのが、印象悪くなるのでは? と考えがち。

もっとも、エージェント経由であっても提示された日時と違う日時にしてほしいとかいうと、印象悪くなるような気もしますが、自分でその連絡をするのとエージェントに任せておくのでは、自分の気持ちとしては若干軽くなります。

 

また、転職エージェントを使えばエージェントの方が企業のほうへフォロー(企業への推薦時や書類選考についてだったり、面接後に企業へフォローしてくれているそうです)も行ってくれるので、その点も助かりますね。

 

とまぁ、そんなこんなで再びゲーム会社に絞っての転職を、転職エージェントのAさんに助けていただきながら、3月中には転職成功させたい今日この頃でした。